国内トップの無観客ライブチャンネルを目指す「Kyaku Nashi」が出演者を大募集!

アイドル

ライブ情報

年間300本の ”ライブモンスター” アイシェリングの人気イベント「ラブシェ」に潜入!~特別に携帯見ながら歌う理由

平日二日目の火曜日の夜、人出も比較的まばらな大阪心斎橋アメリカ村に、静かに盛り上がっている場所があります。ライブハウス、アトランティクス。コロナ禍以降ガイドラインの厳しい大阪のライブハウスにおいて、ルールを守りつつ支持され続けているのは「Loveラブ愛シェりんぐ」略してラブシェというイベントです。
ニュース

【4th Single】「木綿のハンカチーフ」ほくりくアイドル部 10月14日(水)リリース決定~太田裕美が歌う150万枚以上のヒットソングを令和の時代にカバー!「北陸から世界中に笑顔と元気を届けたい」

「北陸を“音楽”で元気に!」 北陸を拠点に活動するアイドルグループ「ほくりくアイドル部」彼女達の 4th Single のリリースを発表した。 タイトル曲でありグループ史上初となるカバー楽曲は、太田裕美の大ヒット曲「木綿のハンカチーフ」。作詞・松本隆、作曲・筒美京平のゴールデンコンビにより書き下ろされた不朽の名作で150万枚以上のセールスを記録、太田裕美自身は昨年デビュー45周年を迎えた。
インタビュー取材

北海道産アイドルフルーティー【網走】【函館】【登別】から期待の新星3人加入!!!なまらめんこい!!!8月7日札幌にて新体制お披露目決定!!!

北海道No1.アイドル「フルーティー」に新メンバー3人が加入した。【フルーティー】とは、2011年に北海道から全国をコンセプトに活動するご当地アイドル。 さらに8月7日にはフルーティー9周年ライブがあり新体制初披露。
インタビュー取材

協会が全国アイドルに発信する金言セブン!50回目突入を記念してベストセレクションを発表!8年で473組を指導する極意が隠されていた。「全国の自治体、議員、教育関係者から好評で、地方の事務所ではレッスン場の壁に貼ってくれるところもあります」

東京を除く全国のご当地アイドルが女子で2016組、男子で450組存在する(7月31日現在)。そのアイドル達をサポート、後押しする団体「日本ご当地アイドル活性協会」が毎月全国のアイドル事務所へ金言セブンを送り続けている。

協会代表・金子正男(45)曰く。もともと2012年から『歌』『ダンス』『トーク』『キャラだし』『メディア対策』の5項目を地方に出向いてレッスンしていたとのこと。そのなかで学級崩壊するアイドルグループとの出会いから普段、金子氏が口にする言葉を『金言セブン』に書き留めて壁に貼りはじめたそうだ。

インタビュー取材

全国で日本一になったツッパリアイドルが地元で初の観覧無料、野外ライブ~TSUPPARI TRAINING SCHOOLを開催決定!地元企業の応援で新たな演出も行う

千葉県木更津市を拠点に活動する女性2人組のツッパリアイドルグループ「C-Style」が、8月15日に富津市で初の野外単独公演を行う。「3密」になるとして敬遠されがちなライブハウスでは無く、感染リスクを無くす為に野外劇場を採用。
ニュース

『2020年上半期(第14回)未発掘アイドルセレクト10』 『最新版 ご当地アイドル数・推移(2012~2020)』発表

日本ご当地アイドル活性協会はこのほど、『2020年上半期(第14回)未発掘アイドルセレクト10』を発表した。協会が近い将来にブレイクが期待されるニューカマーを紹介する企画で全国から10組のアイドルをセレクト。今回で7年目、第14回。企画の発端は2013年に協会が多くの地方アイドルを知って貰うためスタート。
イベントレポート

[木更津発 仏恥義理アイドルC-Style]7周年は特別なライブに「コロナに負けない!」新曲を披露~命の大切さと元気を届けることを伝える120分18曲!「木更津と一心同体、ファンには感謝、恩返したい、もっと凄い景色を!」

4月18日に、木更津発 仏恥義理アイドルC-Styleが、木更津市内のライブハウスで結成7周年記念GIGを開催いたしました。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客で実施。その模様はYouTube配信された。
インタビュー取材

プチブレイクアイドル髙木由莉愛が激白「両親の寵愛」「祖母の別れ」「大分県へ恩返し」~【指原莉乃】に憧れて単身東京へ「40,000人収容の昭和電工ドーム大分に全国のアイドルさんを呼びたいです」

プチブレイクアイドル髙木由莉愛が激白「両親の寵愛」「祖母の別れ」「大分県へ恩返し」~【指原莉乃】に憧れて単身東京へ「40,000人収容の昭和電工ドーム大分に全国のアイドルさんを呼びたいです」

3月7日・8日、祭囃子系アイドルグループ「JAPANARIZM(ジャパナリズム)」のリーダー・髙木由莉愛は故郷・大分県に凱旋して成功を収めた。地元のテレビ番組3本、ラジオの生放送2本とフル稼働。

4月からは大分で2本目となる自身のレギュラー番組がスタートするという。東京と大分で二刀流の活躍をみせる彼女の人気の秘密について探ってみました。するとそこには尋常ではないアイドル愛と、髙木が育った家庭環境に秘密があった。

「両親からの寵愛」「祖母の別れ」「大分への恩返し」などなど・・・。

イベントレポート

髙木由莉愛が大分に凱旋!【ファンキー加藤】【NON STYLE】と共演で大分愛が止まらない~テレビ3本、ラジオ2本フル稼働「4月から大分でラジオ番組がSTART!尊敬する大分県出身の指原莉乃さんが目標です」

髙木由莉愛が大分に凱旋!【ファンキー加藤】【NON STYLE】と共演で大分愛が止まらない~テレビ3本、ラジオ2本フル稼働「4月から大分でラジオ番組がSTART!尊敬する大分県出身の指原莉乃さんが目標です」

3月7日・8日、祭囃子系アイドルグループ「JAPANARIZM(ジャパナリズム)」のリーダー・髙木由莉愛は故郷・大分県に凱旋。地元のテレビ番組3本、ラジオの生放送2本とフル稼働の人気を見せた。「OBS春恋テレビ」ではFUNKY MONKEY BABYSとして4年連続NHK紅白歌合戦に出場したファンキー加藤、M-1王者NON STYLEと共演。大分でレギュラーのテレビが1本、4月から始まるラジオのレギュラー番組が1本と、道歩くと声を掛けられるほどになったという。高校卒業後、憧れのアイドルを目指して東京に上京して4年目、髙木由莉愛の大分愛、展望を聞いてきました。

イベントレポート

JAPANARIZMリーダー・髙木由莉愛が大分県に恩返ししたい!新宿で主催イベ「TAKAKI IDOL FESTIVAL」ソールドアウトの800人越え!熱狂空間に酔いしれた神様イベントの真相・・・

2月24日、「JAPANARIZM」リーダー・髙木由莉愛が自身主催のアイドルフェス「TAKAKI IDOL FESTIVAL」を開催した。 もともと2012年、中学3年生のときみた大分県同郷の指原莉乃さん主催『ゆび祭り』がキッカケ。
タイトルとURLをコピーしました