東方神起、CHEMISTRY、BoAなどの音楽プロデューサー電撃参戦! ボーカルオーディション2019

SARIGIAがワンマン公演のチケットをオークションで販売した結果、賛否両論生まれたまさかの結果とは…。 

ニュース

1月26日(日)、池袋BlackHoleを舞台に結成2周年ワンマン公演「2nd ANNIVERSARY ONE MAN LIVE『THE SEVEN DEADLY SINS』」を開催するSARIGIA。チケットは絶賛発売中。そのチケットの販売にあたり、彼らは画期的な方法を用いて世の中へ一つの提案を示した。それが「チケットをオークションに賭けること」だった。SARIGIAは、e+でのBチケットの販売に先駆け、あえて30枚のみ”先行Aチケット”としてオークションへ出品。スタート価格を1円に設定し、行った。その結果、早い番号のチケットが高騰すれば、後ろの番号ほど、本来3500円である価格よりも安くチケットを手にすることが出来た人たちも相応数現れた。
今回の販売方法に対して、「転売商法と異なるとはいえ、新たな高額販売のやり方ではないのか」と声もぶつける人たちも。むしろ、賛否で言えば否のほうが多かったそうだ。メンバーは、転売防止の打開策として提示した販売方法だったが、これまで誰も?やってない試みだったこともあり、いろんなメリットとデメリットが生まれていた。そのやりとりの模様を、以下へ記したので読んでいただきたい。

――SARIGIAは、1月26日(日)に池袋BlackHoleで結成2周年ワンマン公演「2nd ANNIVERSARY ONE MAN LIVE『THE SEVEN DEADLY SINS』」を開催します。その先行Aチケットを、これまで誰も行ったことのないユニークなスタイルで発券。それが、「チケットをオークションに賭けること」でした。まずは、その手法を選んだ理由から教えてください。
翔磨 ギターのNatsuが「2周年ワンマン公演へ向け、何かインパクトのある打ち出し方をしたい。たとえば、昨今話題になっているチケットの転売を防ぐためにも、チケット自体をバンド側からオークションに出し、お客さんに欲しい価格をつけてもらおうか」と言い出した言葉に、メンバー全員が賛同。今回は、30枚のAチケットを用意。「すべて販売価格1円をスタート」にオークションで販売しました。
自分たちでも予想していたとはいえ、早い番号のチケットは競り合いが多かったことから高くはなりましたけど。後ろの番号は、その後にe+で発売を始めたBチケットの3500円よりも安価な値段で競り落とされています。つまり、使い方次第ではオークションのほうが通常に設定した値段よりも安く手に出来る場合もあることを確認出来ました。
――その結果を受け、バンド側へ外部からいろんな声が返ってきたとも聴きました。
翔磨 今回のオークションを行うにあたり、その目的も明確にWebフライヤーへ記していたとはいえ、チケットによっては通常価格以上の値上がりをしたことから「バンドがお金儲けのためにやっているんじゃないのか」という見方の反応が相応数あったように、詳しく知らない人たちからは否定的な声が多かったのは事実です。ただ、実際にオークションでチケットを手に入れた人たちからは「通常価格よりも安く手に入れられて嬉しい」という賛同の声もあったように、その賛否に関しては、これから僕らも真摯に受け止めながら、今後へ活かしていきたいなと思っています。
Natsu 実際、1/3強のチケットが定価割れしているように、こういうチケットの入手方法も、やり方次第ではお客さんに支持されるなという結果になりましたからね。
翔磨 もちろん、まだまだ解決しなければならない問題もあります。中には、入札し、競り落としたはいいけど入金されなかったり、落札者と連絡が取れなくて、再度出品にかけたチケットもあります。そのチケットに関しては、定価の半分以下での落札も出たように、ファンの人たちにはとてもお得だったと思います。ただ、そういう問題面も生まれてくるように、今後も「オークション」というスタイルを取る場合、その辺を解決してからだなとも感じています。

SARIGIAとしては、今後もこのチケット販売方法を取るのではなく、一つやり方としてこれからも継続できそうかを試したとのこと。メンバーも、以下のように述べている。

Natsu 自分たちに限らず、チケットの転売問題はいろんなバンドさんが抱えている悩みです。まだSARIGIAの規模であれば、高額と言っても限度はありますが、本当に規模の大きいバンドさんになると、早い番号ほど何十万という価格で転売されれば、それをビジネスにしている業者まで実際にいるし、早い番号ほどあらゆる手段を使ってでも手にしようとする意識を持つファンの子たちもいるように、そこは、バンド側としてもなんともしようがないもどかしさ。だからこそ、その環境を少しでも改善したくて行ったのが、今回の試みでした。

 現在は、1月26日の2周年公演へ向けて走り続けているSARIGIA。最後に、その日へ向けての言葉も記そうか。

翔磨 バンドの周年公演は、人の誕生日と同じよう年に一度しか訪れない特別な日。だからこそ、一生忘れられない思い出を刻む日にしようと、今取り組んでいるところです。
アスカ 俺もバンドの周年の日を、人間の誕生日と同じ意味を持っている日だと受け止めています。確かにバンドとしては、未来へ突き進むうえでの通過点の日にはなるんですけど、めちゃくちゃ特別な日でもある。たとえSARIGIA以外のすべてを失ったとしても、この日だけは絶対に迎えて特別な一夜を味わいたいなと思っています。

TEXT:長澤智典

SARIGIA Web
http://www.sarigia.com/
SARIGIA twitter
https://twitter.com/SRGA_Official

★映像★

INSULT KISS 【Official Music Video】

SARIGIA – INSULT KISS 【Official Music Video】

★LIVE情報★

SARIGIA presents 2nd ANNIVERSARY前々々夜祭 完全無料ミニワンマン『1才と361日の反抗期 〜 みんなの魂いただきます 〜』
2020.01.23 [Thu] Ikebukuro CYBER
開場 : 17:30/ 開演 : 18:00
TICKET:ADV \0 / DAY \0(+D)

SARIGIA presents 2nd ANNIVERSARY ONE MAN LIVE『THE SEVEN DEADLY SINS』
2020.01.26 [Sun] 池袋BlackHole
開場 : 17:30/ 開演 : 18:00
TICKET:ADV \3,500(イープラスチケット) / DAY \4,000(+D)

タイトルとURLをコピーしました