東方神起、CHEMISTRY、BoAなどの音楽プロデューサー電撃参戦! ボーカルオーディション2019

Sunnyside来日 フジロック出演記念 ライブスケジュール

ライブ情報

オーストラリアのメルボルン出身のサニーサイドは、ファンキーな個性溢れる6人からなっている。活動幅は広く次の目的地は日本だ。一見するとMac Demarcoのバックバンドのように大人しく見えるが彼らの音はNile Rodgersのようにノリが良くアップテンポな曲ばかりだ。ジャンル:ヒップホップ、ジャズ、ファンク

サニーサイドは全てのライブパフォーマンスを最後かのように全力で行うという定評があり、母国オーストラリアではナイトクラブやジャズバーでのライブチケットはいつも売り切れる程だ。ファンキーなベースラインにサックスが絶妙に入ってくることでトリッピーな雰囲気をかもし出し、全ての曲をジャムセッションで演奏するのが彼らの特徴である。

彼らの曲作りは「彼らの音を聞くことで、ファンに音楽を生で見たいと思わせるような価値のある楽曲を生み出す」という妥協のない音楽への情熱から生まれ、そのスタイルがサニーサイドのプライドなのだ。

サニーサイドの稀に見るエネルギーと才能に惹かれFUJI ROCKの主催者は2019 FUJI ROCKフェスティバル出演のオファーを出した。今年度2019 FUJI ROCKフェスティバルでは2日目に2回の公演が決定。オーストラリアのフェスティバルでも演奏経験は豊富なサニーサイドではあるがFUJI ROCK2度の演奏をすることは彼らにとってもまたとない大きな仕事であり挑戦である。(オーストラリアのフェスティバル出演歴:NYE on the HillSomething UnlimitedMullumbimby Music Festival

Marthouse Recordsと契約を結び最初のフルレングスアルバム‘Body Heat’2018年)を発表。アップビートでメランコリックな要素を持ち合わせたバンド=マニックメランコリックとして紹介されている。

新しいアルバムの作成も進む中、東京、京都、名古屋でのライブ公演も決まっておりこれからどんな活躍を見せてくれるのか期待大のバンドであるのは間違いない。

ライブスケジュール

718440 Shimokitazawa(東京)共演Elle Shimada Band, Minakekke, Miyake Haruka

719Nanahari(東京)共演Kitazato Akihisa (ex. Alfred Beach Sandal), Wool + the pants.

720NUi(東京)共演Wa Yo Set (Osaka), Elle Shimada Collective

723Namba Bears(大阪)共演blanka (Nagoya), Natural Killers

724KD Japon(名古屋)共演Penguinrush, Elle Shimada Collective

727富士ロックフェスティバル

プレスに関してのお問合わせ:ルーシー hello@lucydayman.com

マネージメントに関してのお問合わせ:ヴォーン vaughanpresents@gmail.com

    タイトルとURLをコピーしました