国内トップの無観客ライブチャンネルを目指す「Kyaku Nashi」が出演者を大募集!

「かならずこの5人でみなさんを幸せにすると誓います」。CHERRY GIRLS PROJECTが新宿BLAZE公演に描いた、未来へ繋がった輝く希望の道。そこでは、夢が近づいたと鐘が鳴っていた。 

イベントレポート

 10月20日(火)、舞台は新宿BLAZE。CHERRY GIRLS PROJECTにとって通算4回目、現在の5人編成として初になる単独公演「Dialog」が行われた。制限された環境とはいえ、チケットはSold Out!!を記録。会場に足を運べなかった人たちは、配信を通し、この日のライブを目撃していた。本番前、17時02分には新宿アルタの巨大なヴィジョンへ「神さま、お願い。」の最新MVを上映。メンバーもサプライズで駆けつけ、集まったファンたちと一緒に鑑賞していたことも、先にお伝えしよう。この日は、マスク越しならコールOKの環境。3部構成、3時間に渡ったライブの模様を、ここに記したい。

「赤の戦慄」と題したスリリング/ホラーなSEに乗せ、赤い衣装を身につけたCHERRY GIRLS PROJECTのメンバーがステージへ姿を現した。
 ライブは、秘めた情熱を解き放つように歌う「TIME」からスタート。緊迫感を抱いた楽曲の上で、彼女たちは凛々しい姿と歌声を響かせ、会場中を赤い熱情を抱いた景色に染めだした。秘めた感情を解き放つように、CHERRY GIRLS PROJECTは「fly to the sky」を歌唱。沸き立つ想いを胸に、心に隠していた両翼を広げ、彼女たちは大空へ飛び立つ意志を胸に雄々しく歌いあげる。5人の躍動した動きは、空へ駆け上がるようにも見えていた。
「終焉の幕開けを歌おう」、来瞳舞夢の歌声から楽曲はシンフォニックハードな「断罪のソリテュード」へ、緊張感抱いたスリリングかつハードな楽曲の上で、彼女たちは戦慄のドラマを語るように歌い続ける。一人一人が心壊れそうなヒロインと化し、迷走する気持ちのままに歌唱。今にも崩れそうな感情を、痛い心模様のまま歌う様を、視線は追いかけていた。
 この空間へ熱い熱を連れ出すように、CHERRY GIRLS PROJECTは力強く躍動した姿を通し、「baby灼熱の太陽」をぶつけてきた。彼女たち自身が灼熱の太陽と化す想いを胸に、フロア中の人たちに情熱を降り注いでゆく。彼女たちは、沸き立つ想いを凛々しい歌声に乗せぶつけていた。その姿は、次第に眩しく輝きだす。溜め込んだその想いを吐き出すように、楽曲が熱を放ちだす。CHERRY GIRLS PROJECTは「Decide」を通し溢れる気持ちをぶつけながら、挑発するようなステージングを展開。凛々しく勇壮な姿に触発され、フロア中から熱い手拍子が飛び交っていた。

MCでは、アルタヴィジョンで先行公開した「禍さま、お願い。」のMV話を語っていた。赤衣装の後半戦は、CHERRY GIRLS PROJECTが活動初期に歌っていた楽曲たちをラインナップ。
舵を切ったのが、オルタナティブでラウドな楽曲の上で、切なさを胸に秘めながら歌いあげる「Real Mind」。胸の内に渦巻く痛い、切ない心模様を、5人は嘆くように、みずからの心へ答えを問いかけるように歌っていた。
表情は一変。過ぎ去った夏を連れ戻すようにCHERRY GIRLS PROJECTは明るく、高らかに「ハピ☆サマ」を歌唱。カラフルに弾け飛ぶ楽曲と、眩しい日射しをつかもうと歌う彼女たちのチャーミングな歌声に触れ、気持ちが騒ぎだす。フロアのあちこちで色とりどりのサイリウムの光が揺れていたように、本当ならみんな立ち上がって騒ぎたかったに違いない。そのぶん大勢の人たちがサイリウムの光を大きく揺らしていた。
カラフルに、ポップに弾け飛ぶ、初期CHERRY GIRLS PROJECTのライブに熱狂を描き続けてきた「ジレンマの因果性」の登場だ。フロア中からも熱いコールが飛び交う。触れた人たちの気持ちをわちゃわちゃと騒がせるハイパーダンスポップチューンに触発され、フロア中の人たちも声を上げ、舞台上の彼女たちと心で熱い抱擁を交わしていた。昂った熱をさらにアゲるように、CHERRY GIRLS PROJECTは華やかでダンサブルな「ときMORE」を歌唱。フロア中の人たちと一緒に同じ振りをしながら、胸騒ぐ空間を描きだす。無邪気な笑顔ではしゃぐ彼女たちに触発され、観ている側まで満面の笑顔で、その姿を追いかけていた。
披露したのが、新曲の「Dreamin now!!」。力強く駆けだす、とてもエモーショナルでパンキッシュなロックナンバーだ。彼女たちも、滾る熱情をぶつけるように凛々しい姿で歌っていた。サビで大きく手をまわす彼女たちの姿へ想いを重ねるように、フロアではタオルを振り回す人たちも。またもCHERRY GIRLS PROJECTのライブに、共に熱を感じあえるタオルナンバーが誕生した。挑戦的な姿を示すパフォーマンスも刺激的だ。

 ここからは、CHERIE GIRLS PROJECTのステージへ。「らぶリパ」「青春カゴメ」「Distortion!」を歌い、愛らしさを振りまくチャーミングでポップなライブを見せながら、フロアに生まれていた熱を、ふたたびCHERRY GIRLS PROJECTへ繫いでいった。

次のブロックでCHERRY GIRLS PROJECTは、最近のライブではお馴染みの白衣装で登場。冒頭を飾ったのが「uTITLEn」、壮麗な楽曲だ。スケール大きな音の絨毯が広がる上で、5人は想いを零すように歌を届けてきた。しなやかで流麗な動きの中にも躍動した熱を覚えるのは、その歌声や躍る姿に高陽した気持ちを覚えていたからか。
「許せないかもしれない でも、幸せを望まない女なんていない」。意味深なセリフから、楽曲は「MISSYOU」へ。今にも壊れそうな心模様を、彼女たちは胸の内を晒すように切々と、でも、確かな熱を込めながら歌っていた。楽曲が進むごとに、切ない気持ちが大きく膨らむ。胸がチクチクと痛みを覚える。
秘めた情熱をエモーショナルなサウンドと歌声に乗せてぶつけるように、CHERRY GIRLS PROJECTは「ナキタイナ」を歌いだす。泣きたいくらいにくしゃくしゃな気持ちを、5人は荒ぶり疾走する楽曲の上で、あえて力強くぶつけていた。それは、悲しみさえ吹き飛ばすくらいの想いで未来を見据え、涙を振り切って走ろうとしているような姿だった。
醜い世界に染まるくらいならいっそ透明になりたいと、闇の中で迷走する心模様を全力で吐き出すように、CHERRY GIRLS PROJECTは「透明人間」を絶唱。いたたまれない心の叫びを、彼女たちは救いを求めるように「助けて!!」と歌声に変え、届けてきた。でも、そこにあるのは悲壮感ではない、現状を打ち壊し、乗り越えようとする強さだ。彼女たちはネガティブな感情さえ、その先へ進むエナジーに変えるように力強く歌っていた。その声をつかもうと、フロア中でも数多くのサイリウムの光が、5人に指し示されていた。
 幻想シンフォニック/ラウド&エモーショナルな「King of Night」の登場だ。彼女たちは熱情した歌声を響かせダイナミックなステージングを描きだす。彼女たちは、心の叫びをステージに投影してゆく。心が嘆き、奮えるほど、彼女たちの歌声やパフォーマンスは力を放つ。躍動したその姿に触発され、観ている側の気持ちも熱く揺さぶられる。
「暗い世の中へ向けて作った歌があります」。来瞳舞夢の言葉を受けて歌ったのが。触れた人たちの心に養分を注ぎ込み、笑顔の花を心に、その表情に幸せを咲かせる「君に花束を」だ。光を集めるように笑顔で歌う彼女たちへ向け、フロアからたくさんの手拍子が届けられた。軽快にステップを踏み、心地好く飛び跳ね歌う姿に、希望と元気の日射しを注がれた気分だ。

 高橋まこと(Dr)・ハシグチカナデリヤ(G)・伊藤千明(B)と強烈なメンバーたちがステージへ登場。ハシグチカナデリヤがループマシンを用い、その場で音を次々と重ね、重厚なサウンドを描きだす。彼の作りあげたエモーショナルでハード&ブルーズな演奏を受け継ぐように高橋まことが重く強いビートを刻み、そこへグルーヴィな音を伊藤千明が重ねだす。重厚なリズムグループへファンキーなギターの音を重ねるハシグチカナデリヤ。3人のグルーヴィでブルーズな演奏へ導かれ、麗しい新衣装姿に着替えたCHERRY GIRLS PROJECTのメンバーたちが登場。ここからは、CHERRY GIRLS PROJECTも初挑戦となるバンドとセッションしたライブステージだ。
最初にぶつけたのが、「アンチエーター」。バーストした激しく唸る演奏を背に、5人は凛々しい表情で。でも、背中を力強く押す演奏をバネに、彼女たちは何時も以上に凛々しさを増した歌声とパフォーマンスを観客たちへぶつけてきた。時々、がなるように歌っていたように、何時も以上に気合いと気迫が漲っている。彼女たち自身も、圧の強いバンドの演奏と戦っていた。いや、その迫力さえ糧にしながら、自分たちの身体を通し感情を増幅しながら歌い躍っていた。
シンフォニックロックな「衝動のemotion」の登場だ。オケのとき以上に雄々しさとエモーショナルな演奏が舞台上からあふれ出す。その演奏さえ心の養分に、彼女たちは力強く歌声を解き放っていた。躍動する気持ちへさらに熱を、心に唸りを加え、5人は攻めるように歌っていた。ときにヘドバンをし、大きく手を振りまわしながら、沸き立つ熱情をこれでもかとぶつけるメンバーたち。その姿がとても熱い!!

 次に披露したのが、新曲の「幻日」。壮麗で幻想的な中へエモーショナルさを注ぎ込んだ、美しくも熱い楽曲だ。メンバーたちも流れるような動きを見せながら、心の内側に抱いた叫びをぶつけていた。エモいサビ歌が、胸を熱く騒がせる。気持ちの内側から魂を焦がす楽曲が新たに誕生した。
「神さま、お願い。もう一度ね」とメンバーたちが歌を繋ぎながら楽曲は「神さま、お願い。」へ。なんて超エモーショナルな楽曲だ。生演奏という臨場感を得たことで、楽曲が、5人の抑揚した歌声が倍加し、胸を直撃。以前から揺れる心模様へ触れるたびに気持ちを揺さぶられていたが、この日は思いきり両肩をつかまれ強く揺さぶられたくらいに衝撃が強かった。迫力ある演奏が身体を直撃すれば、5人のエモーショナルな歌声も何時も以上に大きく奮えていた。
続く、シンフォニック浪漫な「モンスター」も、華やかだけではなく、何時も以上に重低音がガツンと腹の奥底へ響いてきた。壮絶な演奏に負けまいと、気持ちの奥底から沸き立つ想いをぶつけるように歌う5人。彼女たちもまた、心の中に眠っていたもう一人の自分を呼び起こし、剥きだした感情を思いきりぶつけていた。何時も以上に抑揚し、高陽した歌声だ。彼女たち自身が限界を先にある裸の自分を求め、熱情した歌声を解き放っていた。

MCでは、メンバー人一人がライブの感想を述べ始めた。
「正社員として内定をいただいていたんですけど、どうしても自分の夢が捨てきれなくて、自分の夢を追いかけたくて、親に内緒でCHERRY GIRLS PROJECTのオーディションを受けました。合格して、親を説得してCHERRY GIRLS PROJECTに入りました。ステージデビューをした7月の公演では「ここがわたしの最後の場所です」と言ったんですけど。3ヶ月経って、みなさんが観てくれているこの場所に立って、その想いはより一層強くなりました。あのときわたしが選んだ選択は間違っていなかったと思います。もっともっとCHERRY GIRLS PROJECTで大きくなって、上に行きたいので、これからもみなさんの力を貸してください」(真汐里緒)
 「わたしはアイドルが大好きで、ずっとみんなと同じようにライブに行って、生きる希望や頑張る理由を、アイドルさんにもらっていたんですけど。今は逆に、みんなに元気をちょっとでも分けてあげられたらなと思いながらパフォーマンスできていることがとても幸せです。このCHERRY GIRLS PROJECTのメンバーと一緒に活動できることがとても幸せです。ここにいるみんなと、もっともっと大きい場所で綺麗な景色を観に行きましょう」(真志取みらい)
「今年は、自分の中で大きく変わった年です。いろんな意見をいただいたり、いろんなことと戦った2020年だったなと思います。CHERRY GIRLS PROJECTに入ってたくさんの初めてを経験して、どんどんCHERRY GIRLS PROJECTが上に行くに連れ、わたしも頑張らなきゃと想いが強くなりました。こうやって素敵な方々とステージ上でパフォーマンスができて本当に幸せだなと思います。たまにやらかしても、メンバーやスタッフさんが叱ってくれたり、助けてくれたり、いろんなことを教えていただいているように、これからもっともっと自分を成長していけるように頑張ります。これからもCHERRY GIRLS PROJECTが上に行けるように、みなさんの力をお貸しください」(優希瞳)
「こんな状況の中でもみんな集まってくれて、すごくすごく純粋に嬉しくて。人間どうしだからいろいろ思うこともあって大変かも知れないし、お互いに悔しい想いもあるけど、そのぶんライブでお互いに応援してもらえて、こうやって表現をしてというやり取りが本当に好きです。ホントは人前に立つのも嫌だし、人間怖いんですけど。CHERRY GIRLS PROJECTに入ってから、人間として中身が成長できた気がして。それは応援してくれるみんなや、CHERRY GIRLS PROJECTに入ってきてくれた新メンバーとか、ずっと支えてくれてる舞夢ちゃんのおかげです。これからも、わたしはCHERRY GIRLS PROJECTで頑張りたいです。新宿BLAZEはまだ第一歩。私たちはもっともっと先を見据えて頑張るので、これからも応援よろしくお願いします」(九瀬いむ)
「今回のライブで高橋まことさんがドラムを叩いてくださると決まってネットニュースが出たとき、そこで「アイドルのバックバンドなんて」という書き込みをたくさん見かけました。正直、私たちが力不足だったことによって、そういう風に書かれてしまったことが本当に悔しかったです。ハシグチさんや伊藤さん、高橋さんに迷惑をかけてないかなとすごく不安な気持ちがいっぱいありました。でも、今日ここに来てくださったみなさんには感じてもらっていると思いますけど。まだ私たちがやってきたことを知らない人たち、想像でバカにしている人たちに言いたいことがあります。アイドルは本当にすごい仕事なんです。アイドルをバカにしないでください。3年半アイドルという仕事をやって、たくさんの人たちに救われて、たくさんのことを学びました。私たちCHERRY GIRLS PROJECTはこれからまだ私たちのことを知らない、認めてくれない世間の壁や序列をぶっ壊していきます。これからもみなさん力を貸してください」(来瞳舞夢)

悔しさや絶望など、すべてのネガティブな感情を全部真っ白な光で染め抜くように、CHERRY GIRLS PROJECTが本編最後に届けたのが、「僕たちの為に、あの鐘は鳴る」。生演奏という強烈なパートナーを得た5人は、どんなことがあっても揺るがない強い自信を、自分たちへ言い聞かせるように。今、このステージを観ているすべての人たちの心に消えない勇気と希望を光に変えて射すように、自信に満ちた表情で歌い躍っていた。彼女たち自身が、どんな逆境にも負けない勇気と揺るがない自信を胸に歌うからこそ、僕らもその歌に、目頭が熱く濡れるほどの高陽と立ち向かう勇気をもらっていた。彼女たちの歌声が、未来へ突き進む鐘の音となり、心を熱く奮わせ続けていった。

アンコールも、CHERRY GIRLS PROJECTはバンド編成だ。最初に披露したのが、新曲の「幻日」。優しくもエモーショナルな楽曲を、彼女たちは胸の内を零すように歌いながら、華麗に舞い躍っていた。
 CHERRY GIRLS PROJECTが最後に届けたのが、「僕たちの為に、あの鐘は鳴る」。CHERRY GIRLS PROJECTの今を、これから広がる道を歩む上でも、彼女たちがずっと胸に示し続けるエンブレムとなる楽曲を高らかに歌いながら、5人は、次の扉を開けるため、ここから大きな一歩を力強く、満面の笑顔で踏み出していった。

「もっともっとCHERRY GIRLS PROJECTは世間に知られて、この5人で売れたいです。売れます。これからも応援よろしくお願いします」(九瀬いむ)
 「みなさんがいるから、こうやってアイドルとしてステージに立てています。これからも私たちが進むにはみなさん一人一人の力が大切だと思っています。もしかしたら振り回すこともあるかもしれません。嫌な気持ちにさせてしまうこともあるかもしれません。でも最後には、かならずみなさんをこの5人で幸せにすると誓います」(来瞳舞夢)

最後に、この日に発表になった最新情報をお伝えしよう。CHERRY GIRLS PROJECTは、通算5回目となるワンマン公演を2021年3月25日に日本のブロードウェイと呼ばれているオルタナティブシアターで行なう。同日に、2枚組のフルアルバムの発売が。さらに新年早々にシングル盤の発売が決定したことを伝えてくれた。今後のCHERRY GIRLS PROJECTの動きからも、目を離さずにいてもらいたい。

PHOTO: 内山浩二
TEXT:長澤智典

★インフォメーション★

2021.3.25 CHERRY GIRLS PROJECT 5thワンマンライブ
‘’UP GRADE’’ オルタナティブシアター開催決定! 

神さま、お願い。【CHERRY GIRLS PROJECT】新MV

神さま、お願い。【CHERRY GIRLS PROJECT】

「TWO-MAN LIVE」特設サイト
https://cherry-hotlive.amebaownd.com/

CHERRY GIRLS PROJECT Web
https://www.cgp.tokyo/
CHERRY GIRLS PROJECT twitter
https://twitter.com/cgp_db
CHERRY GIRLS PROJECT YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCTvSTQ0N9YiANIFo8QsuXw

来瞳舞夢@maimu_db
九瀬いむ@iMu_cgp
優希瞳@hitomi_cgp
真志取みらい@mirai_cgp
真汐里緒@mrio_cgp

透明人間【CHERRY GIRPS PROJECT】MV

透明人間 【CHERRY GIRLS PROJECT】

King of Night【CHERRY GIRLS PROJECT】MV

King of Night 【CHERRY GIRLS PROJECT】

―セットリスト―
「TIME」
「fly to the sky」
「断罪のソリテュード」
「baby灼熱の太陽」
「Decide」
「Real Mind」
「ハピ☆サマ」
「ジレンマの因果性」
「ときMORE」
「Dreamin now!!」

CHERIE GIRLS PROJECT
「らぶリパ」
「青春カゴメ」
「Distortion!」

「uTITLEn」
「MISSYOU」
「ナキタイナ」
「透明人間」
「King of Night」
「君に花束を」

「アンチエーター」
「衝動のemotion」
「幻日」
「神さま、お願い。」
「モンスター」
「僕たちの為に、あの鐘は鳴る」
-EMCORE-
「幻日」
「僕たちの為に、あの鐘は鳴る」

タイトルとURLをコピーしました