unnamed-file

“うたうコンサル”と”看護師アイドル”が「現代版 源氏物語」をテーマにオリジナル風刺曲/新作MVを公開

一億総活躍社会の実現に向けて、厚生労働省も取り組みを進めている「働き方改革」。
そんな働き方改革の一つの形であるパラレルキャリアを自ら実践するサラリーマンがいる。

音楽・クリエイティブユニット「オトナのおもちゃ箱。」を主宰する外資系コンサルタントYO_SHIだ。
そんなYO_SHIが主宰する”現代風刺ユニット”「オトナのおもちゃ箱。」が、”看護師兼コスプレイヤー/アイドル”のナマダとコラボし、
2017年9月1日に“現代版 源氏物語”をテーマにしたオリジナルソングと新作MVをリリースした。

<働き方改革とは?>
一億総活躍社会の実現に向けて、一人ひとりのニーズにあった、納得のいく働き方を実現するため、日本の企業や暮らし方の文化を変える取組み。
パラレルキャリアとは「現在の仕事以外の仕事を持つことや、非営利活動に参加する」生き方で、パラレルキャリアの推奨により、企業は教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。

9月1日にMVが公開された楽曲のタイトルは「光源氏 -平安時代ノ恋慕ゐ-」。
世界最古の長編小説と言われる”源氏物語”の主人公である光源氏が、現代にタイムスリップした心境を唄った本作。
耳に残るキャッチーなサビとアップテンポなラップに乗せ、「オトナのおもちゃ箱。」の真骨頂である”現代社会の風刺ソング”を象徴する歌詞世界が歌われている。

新作MVでは、看護師として働きながらコスプレイヤー/干し芋アイドルとしても活躍し、YO_SHIと同じくパラレルキャリアを体現するナマダをヒロインに起用。
2万人以上の来場者を記録した「パンチラ2015」など、数々の企画を成功させ話題を呼ぶ彼女が、本作ではwrittenafterwardsといったブランドの服に身を包み、渋谷や原宿の街並みを激走している。
前作に引き続き、2足のわらじを履きながら”現代風刺曲”を発表し続ける彼らの活動に、今後も目が離せない。

▽リリース情報
2017年9月1日より、iTunes・Spotify・Amazon Music・Google Play Music等で順次、音源を配信予定。
■タイトル:光源氏 -平安時代ノ恋慕ゐ-
■アーティスト:オトナのおもちゃ箱。

【ナマダとは】
干し芋アイドルとして活躍するコスプレイヤー。「スカートの中は、宇宙である。」というキャッチコピーで開催した写真展「パンチラ2015」が来場者2万人を越える等、
自身が主催する企画が軒並み話題に。「光源氏 -平安時代ノ恋慕い-」のMVではヒロインを演じる。

ナマダ 公式Twitter

【オトナのおもちゃ箱。とは】
「渋谷から、現代社会のモンダイを歌う」をコンセプトに活動する”現代風刺ユニット”。
現役のコンサルタントであるYO_SHIを中心に、音楽・クリエイティブを通じて生産革命や情報革命で失われた豊かな社会・人生について考える作品を発表している。

■オトナのおもちゃ箱。オフィシャルHP
■オトナのおもちゃ箱。YouTubeページ