ハジーとのコラボ曲について【何故ナツミインタビュー】

ハジーとのコラボ曲について【何故ナツミインタビュー】
音楽事務所Musicbank!にて活動後、株式会社フィアレスに移籍。現在シンガー・ソングライターのハジ→のツアーに参加中。ハジ→とのコラボ曲や自身のミニアルバムも発売している彼女の音楽に対する思いを今回聴いてみた。

・音楽との出会いは

保育園のころに両親が仕事で忙しく、ほとんど家にいなくてテレビをずっと見ていたのだけれど、一番好きでよく見ていた番組が音楽番組でした。
そのころから私もテレビに出て歌を歌う人になりたいなと思うようになりました。実は小さい時からイケメン好きで、見ていた音楽番組に出ていたGAKUTさんが世界で一番カッコイイと思っていました。
小学生4年生の時にはポルノグラフィティさんに激ハマりして中学3年生までファンクラブ入っていました。基本はJ-POPばかり聞いていましたね。

・アーティストになろうと思ったきっかけ

CDをメチャクチャ集めていて、家でミュージックビデオをながしながら鏡の前で真似をしたりベッドの上でマイクを持つ真似をしていたらすごく楽しくて、絶対歌手になろう!て決めました。
その時歌っていたのは浜崎あゆみさんのNo way to sayや倖田來未さん、aikoさんなど良く歌っていました。作詞や作曲をするようになったきっかけは小学生くらいの時に日記を書くのが流行ったのと、学校で詩を書く授業があって書けるんじゃない?と思って書いたりしてました。
それを後から見返して恥ずかしくなって捨てるってことをしていました(笑)17歳の頃に阿部真央さんに激ハマりして、「じゃあ、何故」という曲をギターで絶対弾きたいと思って練習しました。
弾けるようになったらほかの曲も弾きたくなって弾き始めました。
作曲し始めたきっかけが、まだカバーしか弾けない頃に、ライブハウスの打ち上げで、オーナーさんが適当にコードを弾いてるのに合わせて女性が適当に歌ってセッションしていたのを見て、こんなに適当にコード弾いて曲って出来るんだ!と知って、そこから歌詞も付けて曲を作りましたね。
作詞作曲は楽しいですけど、最初はありきたりな言葉しか書けなくて、J-POPってシンプルな言葉が多いから丸パクリな感じで書いていたんです。
でも結局同じようなこと言ってるなと思って、、19歳くらいになって自分の言いたいことを書いて歌にしようって感じで書き始めてからは楽しい気がします。

・Musicbank!との出会い

事務所に入ったきっかけは、当時付き合っていた彼が結構良い感じの名前があるバンドに入ったのが悔しくて、自分のほうが絶対いい音楽するのにな。。でもお客さんも全くいないし、全然知られてもらえないし、オーディションうけてみようかな。と思って。彼も事務所入っていたので。
人生で一回くらいは失敗しても入ってみよう!と思ってのここの広告見つけて、この条件なら大きな事務所入るよりもいいかも!と思って0オーディションを受けました。確かインターネットの広告だったと思います。

・Musicbank!で得たこと

事務所に入ってよかったなと思ったことは、入る前までは配信とか絶対にしたくない、そんなのやってなんの意味があるの?って思っていたけど、事務所に入ってSHOWROOMっていう配信アプリに出会ったことによって初めてライブにお客さんが定期的に来てくれるようになって、顔は見えないけどインターネットでもこんなに素敵な出会いがあるんだなと、事務所に入らなければわからなかったなと思います。
配信はきついなって思うこともありますけど、配信でしか話せないこともあるっていうか、音楽についての熱い気持ちとかは友達に話しても小ばかにされちゃうことが多いんですけど、リスナーさん達だと応援するからね!って言ってもらえるし、自分の音楽に対する気持ちを話せるのはすごく楽しいです。
配信意外だと、今までずっと4年間ライブハウスにお金を払ってライブをしていたんですけど、事務所に入ってライブする場所をお金を払わず提供していただいたりとか、CDも作っていただいて、自分の中で売るものっていうのが初めてできたし、ライブにお金かからないんだ!っていう喜びがすごくありました。

・mini Album「?」について

Musicbank!に入っていなかったら今の事務所にも出会えていなかったし、こんなにきっちりしたCDも作れなかったので、自分の音楽に対する夢っていうのが結構大きすぎないっていうか、ちゃんとしたレコーディングができる環境で歌を録ってもらうとか、ジャケット写真を撮ってもらうとか、そうゆうこと初めてしてもらってできたCDなのでメチャクチャ自分の中で財産の一枚になっています。
ジャケットで一番気に入っているところは、結構女の子のアーティストだと可愛らしいドアップとかだと思うんですけど、何とも言えない表情、何考えてるんだろう?って表情、ジャケットから「?」が始まっているってところに注目してほしいなと思います。ここが一番気にいっているところですね(笑)
ジャケットの風船はMusicbank!アーティストのMIHARUさんに作ってもらいました!この表情を引き出せたのも風船があってこそです!青と白、水色は私の好きな色でそれを全部使ってくれました。このアルバムで一番すきな曲は「明日はきっといい女」です。歌詞カードが手書きの理由は、制作に協力してくれた方たちへの感謝の気持ちとか、打ち込むより手書きのほうが絶対いいなって思ったので手書きにしました。
一生懸命書きました!CDのケース部分に取扱説明書をいれたのは、普通のCDにしたらつまらないね。開いても楽しめる、聞いても楽しめるっていうものを作ろう!って、じゃあ説明書にして初めての人でもわかるように、自分を知ってもらうためのCDにしようと思って入れました。
全部に意味があるCDになってます!それと隠れ何故があるのでみつけてみてくださいね♡

・音楽で何を伝えていきたいか

音楽って悲しいときに結構身に染みるものだと思うので、そうゆうときにこのCDを聞いて心が洗われてくれたらいいなって気持ちで曲は作ってますね!共感ってゆうよりは伝われ~!!泣いちゃえ~!!!出し切ってしまえ涙なんて~!!!!みたいな感じで作ってます(笑)一人じゃないんだよ苦しんでるのは、私も苦しいから大丈夫だよ!このCDを聞いて安心してほしい、薬のようなものになればいいなと思います。

・ハジーとの出会い、コラボの経緯

それがですね、Musicbank!に入ってSHOWROOMをはじめましたよと、でもイベントで2~4位とか。
絶対に1位になれないような微妙に人気だけど、そんなにリスナーさんが付かない位置に私はついてしまって悔しいな~って、こうゆう配信向いていないのかな~って思ったときに、Mixchannelという新しい配信アプリに出会いましいて、そこでコンテストでグランプリとったらハジーさんとコラボできるよっていうコンテストがあってそれに出たんですよ!そしたらいままでSHOWROOMで培ってきた素敵なファンがみんな一斉にMixchannelに応援に来てくれて、それにMixchannelでの新しいファンも応援してくれて、もう勝ちですよね!もう絶対負けたくないってゆーか、SHOWROOMで良いとこ取れなくて悔しんでて、Mステに出られるかもっていうイベントもダメで、ここで私ハジーさんとコラボできなっかたらダメだ自分は!絶対勝ってやろう!!って気持ちで結構すごい頑張って毎日配信してたおかげで、SHOWROOMのファンも来てくれたし、ファンも応援してくれてグランプリをとることができたので、ハジーさんも実際会ったときにまだやってんの!?ってぐらい配信していて、頑張ったな!って言ってもらえて、頑張れってことだなって思えたコンテストです。
グランプリが取れたのも事務所が教えてくれた配信媒体があったからこそです。配信自体は好き嫌いで言ったらどちらでもないんですが、自分を知ってもらうにはメッチャいい媒体だと思います!やるやらないだったら絶対やったほうが良いし、時代が結構TVより携帯なので、今から音楽始めようって若者は絶対配信すべきだと思います!

・ハジーの印象

言っても私はまだまだ売れてないし、こんなにポンコツ娘なのに、結構自分の中でキャリアがある人って天狗?じゃないですけど偉そうな感じとか、こっちが強張っちゃう感じなのかなってイメージだったんですけど、ほんっとに優しくて、ハジーさんの曲を聴いているときから、なんでこんなに素直な歌が書けるんだろう?少年のような歌詞っていうか、歌詞そのもののような人ですね!暖かくて優しくて素直で、相手の気持ちを汲み取ってくれる、緊張をほぐすように暖かく話してくれて、本当に男前ですね!コラボ曲の「夢があるから」はハジーさんが曲も歌詞も作ってくれました。
この曲はグランプリになったらこの曲を歌うってきまっていたのではなく、ハジーさんがMixchannelのコンテストを私だけじゃなくて、参加者全員の配信を見て夢を追いかける姿とか、頑張ってる子たちの姿を見て、みんなが夢のために頑張れるように作ってくれた歌っていうか。そこが素晴らしいじゃないですか!人として。元から用意してないところとか。
ハジーさんも当たり前のフューチャリングはしたくなかったみたいで、どうせならグランプリ選ばれてこんだけ仲良くなっちゃったぜ!ってくらい掛け合いの多い歌を作りたかったって言われて、なんでこんな売れてないのに対等に接してくれるんだろう?っていう感動ばっかりでした。
「夢があるから」は音楽関係の夢を目指している人にはグッとくるものだと思うんですけど、でもスポーツだったり、俳優でもお花屋さんでも歌詞を自分の夢に頭の中でシフトチェンジして聞いてもらえると誰にでも身に染みるというか、または私たちがあなたの夢を応援するから頑張ってねってとらえられる歌なので、目標をもっている人に届けばいいですね!歌詞の中で一番好きなフレーズは最後の早くなるところの「君がいてくれるから僕は歌い続けていくよ」のところが一番好きなところです。
この曲の全部をひっくるめた最後の部分が一番思いがこもりますね。

・今後の目標

私は23歳で日本武道館に立つ!という目標があるので絶対にそれを叶えたいので、ハジーさんが自分の名前をもっと世の中に知らせてくれるコンテストを作ってくれて、そこでやっとグランプリを取って軌道に乗れたので、このまま自分のペースが落ちないように頑張って新しい曲作ったり、またフューチャリングしてみたいし、いろんなことに挑戦して頑張っていきたいです!オリコンチャートに入ることが次の目標かな!100位以内に(笑)

・アーティストを目指す人たちへ

自分が一番何でこんなことしてんだろ私。っていう時間が結果につながったりするので、そこでめげないことが大事だと思います!あと自分の好きなペース、マイペースに自分が楽しいと思える時間の使い方でアーティストをしていくべきというか、なんであの子より人気がないんだろう?とか思うかもしれないけど、でもその子とは違うんだし、その子には絶対つかないファンが自分にはついていると思えばそれは勝ちというか、人と比べすぎてダメにならないことが大事だと思います。

何故ナツミ プロフィール
生年月日:1995年7月28日
出身:東京都
同世代が共感する歌詞に感情を詰め込み、 言霊が湧きでるエモーシャルなライブが魅力的な22歳のシンガー・ソングライター。
23歳で全国ツアーと武道館公演を目標に活動をしている。

インタビュー取材カテゴリの最新記事